贈り物を渡すのが基本

いただいた額の3割から半分の金額が妥当

結婚や出産などでお祝いを頂いた方には内祝いを贈るのがマナーです。現金でお祝いを頂くことがほとんどですが、中には品物でお祝いをしてくださる方もいます。お祝いの相場はその人との関係性にもよりますが大体3000円~10000円となっており、内祝いを贈る時にはいただいた額の3割~半分ほどの予算で考え、お祝いを頂いてから遅くとも1ヶ月ほどを目安にお贈りしましょう。
また、頂いたお祝いがプチギフトやケーキなどカジュアルな物であったとしても贈る際には「熨斗(のし)」をつけてもらうことをお勧めします。必ずつけなければいけない決まりはありませんが、熨斗は丁寧に物を贈るという意味もあるのでお祝いを頂いたことに対する感謝の気持ちが更に相手に伝わるでしょう。

贈り物の選び方と注意点

内祝いを選ぶ基準ですが、何でも良いわけではありません。ご年配の方は特に気にされることが多いので、喜ばれると思って選んだ物が知らない間に相手の気分を悪くしてしまったということがないように気を付けましょう。お葬式の香典返しをイメージさせる“緑茶"、「踏みつける」という意味が含まれる"靴下、靴"などは、マナー上贈るのを避るべき品物です。
皆さん喜ばれる贈り物は、普段使いしやすいタオルや洗剤などの普段使いできる日用品、スイーツや食品などは間違いなく喜ばれます。ですが人によっては食べ物に対するこだわりが強かったり、好みをよく知らない人にはカタログや商品券でこだわりの物を買って頂くようにすると良いでしょう。